ぽやーーーーっとしつつ

体が重たいという感覚が抜けないという意味でのゾンビ状態からは脱却しつつありますが、目の下は相変わらず真っ黒の三十路です。ついでに風邪までひいたもよう。いやはや…。 疲れだか風邪だかわけの分からん状態で、明日のゼミの文献を読んでいました。全く頭に入ってこなかったので、正しくは”アルファベットを追いかけた”ですね。授業のテーマとどうつながっていくのか、ちんぷんかんぷん。明日は耳かっぽじって、報告と師匠の意図するところを聞きまくるしかないなぁ…。ちなみに明日の課題は、Thomas Carl WallのRadical Passivityの第4章です。アガンベンつながり、ってことで。そう言えば、ウォールのこの本は、思考のフロンティアの「ジェンダーセクシュアリティ」でも巻末の参考文献で紹介されていました。 嗚呼、明日は貝になりたい…。
Radical Passivity: Levinas, Blanchot and Agamben Radical Passivity: Levinas, Blanchot and Agamben
Thomas Carl Wall (1999/02)
State Univ of New York Pr
この商品の詳細を見る
ジェンダー/セクシュアリティ ジェンダー/セクシュアリティ
田崎 英明 (2000/09)
岩波書店
この商品の詳細を見る