パイプ椅子から

学生の自主勉強会の監督に行って、自分も勉強。備品の納入(パイプ椅子から脱出。あとはプリンタが届くのを待つばかり)。個人調書の作成とか勉強とか。 "学位論文”、"著書”、"学術論文”、"紀要論文”と分かれている調書に入力をしながら、「もっとがんばらにゃぁ…」と思ったのでした。 それはさておき、 今後にかかわる記事を朝日新聞で見かけていたので、こちらにもペタリ。高専専攻科に熱視線 英語力に関する記述がちらっと出てきますが、そういう状況は本科にもあてはまるそうです(それはTOEICのスコア[2006年のレポート]にも現れておりました)。今後は研究しつつ、そうした状況について考えたり動いたりすることになります。