過ぎたことをふり返りつつ

土曜日は気が滅入っていることが多い気がします。それはおそらく、前日に消耗してしまうことが重なるからかもしれません。

昨日は「単位が取れればいいから、訳でも何でも丸暗記してやれ」という空気に何度もあてられただけに、本日もややヘコみモードで起床。英語(の授業)をめぐる分かり合えなさをふり返ってしまい、またヘコんだり。


「四の五の言わずに手をつけなきゃ、まずい」と思ったばかりなので、そんな状態でも机に向かって活動。午前中は論文、午後からは翻訳。


これまで何度か翻訳をさせてもらっているのだけれど、どれも師匠に声をかけてもらってのものでありました。そのため、校正前や校正時に指導が入るのが常でした。今となってはありがたく思えるものの、その指導で完膚無きまでに打ちのめされたこともあります。翻訳に取りかかりながら、打ちのめされて心が折れそうになった(たぶん半分は折れていた)時のことを思い出して震え上がったり。今回は大丈夫かなあ・・・。