手間どる

予備日(というのかな?)で、授業は無し。研究室ではシラバスを書いたり、会議に出たり、読んだり訳したり。帰宅後は書きものとの格闘。


前の年度のものなどを参考にして書けばよいのだから・・・と高をくくっていたけれど、シラバス作成には大いに手間取っております。なぜにこんなに進まないのだろうと思ったら、毎回の内容を記載するタイプのシラバスを書くのは久方降りだったのでした。そりゃあ、手間取るわけだ。


仕事に追われるうちにあっという間に時間は流れていることに驚愕し、研究しなきゃと慌てふためくばかりの今日この頃。慌てふためいてばかりいてもどうにもならず、かといって優先順位などを勘案して段取りを立ててもその通りに進まなくなったところで自滅するのは目に見えているし・・・というわけで、研究関係については同時進行の手当たり次第でいくことにしました。

そんなわけで、書きものとの格闘も再開。久々すぎて、しっくりくる単語ひとつ選び出すのに何十分も経っていたり。リハビリが相当必要だなあ。必要と言えば、英文のチェックをしてくれる人も探さねば・・・。