モーレツからはほど遠く

下降傾向のまま、週末に突入。早起きもする気になれず。


金曜は授業×4。授業の合間に試験作成。試験が近づいていることもあり、研究室に駆け込んでくる学生が数名。少なくとも1つは完成させてしまいたかったのだけれど、気分がのらないので早々に帰宅。


断続的な豪雨のなか、土日は翻訳原稿とのにらみ合い。しかし、モーレツからはほど遠い有様。土曜など、ちょっと見直しをしては横になる・・・の繰り返し。まあ、眠ったことにより奥底に澱んでいた者が少しは晴れた気もするので、よしとしよう(そんなことを言っている場合じゃないのだけれど。関係者のみなさま、ごめんなさい)。


この週末には、学会や研究会がらみで連絡をいただいたり、連絡をしたりということもしました。夏期休業期間から10月初旬までの動きについても、そろそろ計画を練ったほうがよいよなぁ・・・なんてことが、ずぶずぶの中でも頭をよぎった週末でした。

翻訳以外で確定している予定は、教育系の口頭発表(来月頭)、多読系研究会出席(来月)、新人研修(来月末)、学生視察のための出張(9月頭)、勤務校の紀要(9月末;教育系)、某協会ニューズレターの原稿(9月末)、某学会の研究発表(10月初旬)。それから、校務3(ハラスメント関係)の指令もそろそろ出てきそうな気がしていたり。

何も考えないで夏休みに突入したら、さらに呂律が回らないヒトになるのは間違いなさそう。計画を練って、ワークとスタディをバランスよく頑張ろう(どこに行っても非モテみたいなので、ライフのバランスはもうどうだっていい)。