がくっと

起きられず、アサカツはなし。


授業×3。年少組は試験の返却が中心、年長組は休み明けのリハビリもかねて問題演習をさせてみる。前髪を作り眼鏡をやめたためか、教室に入る度に、「センセイがなんかちがう〜」と言われたり、絶叫をされたり(これはよいことなのか、よくないことなのか・・・)。休み明け一発目の授業で教壇落ちをしてしまい、男子たちに呆然とされる(いっそ笑われたほうがよかった・・・)。久々に大声でしゃべったため、のどが荒れている感じ。


放課後は紀要の投稿をしたのち、地域貢献で多読。