カリカリ

アサカツののち、登校。授業は100分×1、50分×2。

50分コマの1つは授業運営で苦労しているクラスで、終了ベルが鳴る頃にはすっかりカリカリしていたり。受験といった壁がなく、英語に対して「夜露死苦」ばりの拒否反応や無関心を示す学生たちとの接し方については悩むところです。


ストレスフルな状態のまま、ヤニっ子に戻りたい衝動と闘いつつ、放課後は校務1の定例会議。ここでは何も起こっていないのだけれども、わけもなくまたカリカリしてきたり。夏休み前のストレスフル状態に戻ってしまっているのかも・・・。


会議のあとに先輩のところに寄り、四方山話。「年末年始の里帰りまで、あとひと月の辛抱よ!」という先輩の励ましに送り出され、研究室でちょっとだけ作業。