悲喜こもごものはじまり

特別時間割で多読授業0.5コマが入り、答案の返却で悲喜こもごも。試験での手応えより良い結果だった学生が多かったため、雰囲気は明るめ。授業終了後は、ふいに降ってきた書類の作成に授業の準備。勤務時間終了とともに早々に退散し、もふもふを溺愛。もふもふは新たに与えられるようになった生野菜(今のところはにんじんと小松菜)に夢中。