やる気スイッチはどこ?

気がついたらもう週末で、さらに気がついたら後期開始も目前で茫然自失の38歳です。最近は「”老いてますます盛ん”を合い言葉に頑張る」と言いつづけているのですが、まずは体力がなくなり、頼みの綱の気力も衰えてしまってまいっております。ちなみに今週は、

16日(月)多読国際会議に行っていた韓国から帰国
      →もふもふのお迎え→もふもふを溺愛しつつ荷物の片づけ
17日(火)留守中にたまった事務仕事と補習の準備で終わる
      発表の準備をしなければいけないのに、
      帰宅後はゾンビ化して使いものにならず
18日(水)午前は補講(参加者が少なく人望のなさを痛感)
      午後はコンテスト関係の謀りごと
      人が来なくてもやらねばならぬと自分を奮い立たせつつ
      補習の仕込み
19日(木)午前は補講(やはり人望がないという状況)、午後は会議
      会議でげんなりとなる
20日(金)午前は補講(やはりやはり人望がない)
      午後は会議とハラスメント防止の研修会
      (研修会にはいてほしい人がいないという状況)

と、例によって目の前のことに追いたてられて本分はちっとも進まないという体たらくであります。就職してから、「本番に原稿が白紙状態で絶句する」という夢を見るようになったのですが、今回はそのようなおそろしい状況が現実のものとなりかねない…。いやはや。

来週からは諸般の事情で仕事も厳しくなるので、行方不明になったやる気スイッチをなんとしてでも発掘し、この先2週間を生き延びたいところです。