2014年4月29日のつぶやき

[MM読了] 教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ) bit.ly/1itNaFJ 「子どもたちにプログラミングを学ばせて!」という動きがアメリカでおこっているというようなことを聞いたりしたため、また、勤務校で学生たちが学んでいるのを横目で…

posted at 08:43:08

[MM読了] 高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか? (光文社新書) bit.ly/1k76vb8 三度激しく暗くなった。一度目は、ここで述べられる「高学歴女子」の苦況(←数年前まで自分もそのまっただ中にいたもの。めぐり合わせによっては今も…

posted at 09:51:59

科研費の実施状況報告書の作成終了。

posted at 11:25:09

RT @kataoka_k: ダブルベッド。 pic.twitter.com/O0yafWppZv

posted at 13:13:57

RT @Snoopy: Who cares what other people think? pic.twitter.com/3jPSkw8dvg

posted at 13:17:43

RT @pet_home_office: 「人なつっこいロップイヤー」栃木県 - 小動物の里親募集情報(35016) :: ペットのおうち www.pet-home.jp/small/tochigi/…

posted at 13:30:35

RT @pet_home_office: 「緊急です><!里親募集」大阪府 - 小動物の里親募集情報(35024) :: ペットのおうち www.pet-home.jp/small/osaka/pn…

posted at 13:34:42

そういえば、「高学歴女子の貧困」では、無限ループの中で結婚をする女子のことも出てきて、就職では果たせないので結婚というかたちで社会的な承認を得ようとしたのだという解説(←乱暴なまとめですみませぬ)には「そういうところはあるかもなぁ…」と思った。

posted at 16:14:07

私が就職活動にしがみついていられたのは、ある意味、私が非モテだったから。どう頑張っても自分にはパートナーになってくれる人があらわれそうにない以上、フルタイムの仕事を手に入れないといけないと思っていた。

posted at 16:17:56

仕事がないと生きていけなくなるという現実的な理由もあったけれど、社会から認めてもらうには、正規の職に就くことしかないという思いが心の奥底にあったのではないか…と思う。

posted at 16:20:49

ものごころついてからというもの、自分が好ましく思う人からはことごとくふられ、自分のことを好ましく思ってくれる人が現れることもない…という日々を過ごしてきた自分には、形式はどうであれ、結婚というのは本当に高いハードルだったのですよ。高いのは今もだけど。

posted at 16:23:33

「高学歴女子」の結婚といえば、帰省中に「結婚しろ」攻撃をしかけてきた母に「ならば、見合い写真の一つや二つ、用意しやがれ」と応じたら、「お前のように学歴だけが高い女と会おうという人がいるものか」と逆ギレされたことを思い出した。お見合いは釣り書きが重要なのだ、と。

posted at 16:26:26

確認したいことがあって最近読んだものをとっかえひっかえしながらめくっているのだけれど、探しものが見つからない…。どうしてメモをとっておかなかったんだろう。

posted at 22:10:28

反省してメモを取り出したら、探しものがみつかったわ!

posted at 22:54:56