10月10日(土)〜10月16日(金)

10月10日(土)

京都遠征を諦め、原稿と睨みあい。しかし、どこにも行かないというのも癪だったので、うさぎたちのつめ切りとグルーミングをしてもらいに行きました。

 f:id:heppoko-t:20151016204027p:image

怖がりの後輩はものすごい表情になってしまってますが…。内弁慶のように思われる先輩ともども、行儀がよいとほめられました。

 

 

10月12日(月)

原稿と睨みあい。区切りがついたところで、依頼されていた多読関係の書きものをしたり。

 

 

10月13日(火)

多読、文法、年長組の0.5コマを1つずつ。あとは授業の準備とコンテストの練習。授業後などに学生対応をしていると、シャドーイングについて聞かれることが増えてきている今日この頃。ある学生から広まって、関心を持つ者が増えてきたということらしい。連休明けの授業でヨレヨレな状態で原稿との睨みあいを試みるうちに…

などと、現実逃避の「もてたい」病を発症。

 

 

10月14日(水)

選択授業1、多読0.5×2。放課後は学生の面談やら、質問の対応やら、部活やら。申請書もポチッと。

 

 

10月15日(木)

多読授業0.5×2。あとは授業の準備をして、学生面談(クラス全員と喋る会最終日であった)。放課後は会議。会議では、「あなたがそれを言う⁉︎」というトンデモ発言や、明るくない見通しなどを聞かされる。明るくない見通しにふれ、発表をする側になれない限り遠征に出るのは厳しいということが判明。外からお金をとるか、遠征費のかからない地域に移るかのどちらかができないと、全国大会レベルの会合にはまったく出かけられないという状況になる日もそう遠くはないかもしれない(支部のレベルでも遠征費がそこそこかかっちゃうところに勤務/居住しているので、実のところ、支部大会でもあやうい…)。世知辛いなぁ。

 

 

10月16日(金)

午前中は事務仕事と授業の準備。午後から文法授業0.5コマ×2、多読授業0.5コマ。放課後は弁論大会の練習。