ワーク・スタディ・(アン)バランス

1月18日(月)

午前休にして先輩うさ氏を連れて動物病院へ。体調を崩した時の常で牧草をえり好みするようになっている(フードやペレット牧草はしっかり食べる)ということで心配な面あるけれど、回復しているとの診断。しばし服薬し、問題なければ治療はそこで終了ということになる。研究室に戻ってからは片づけと事務仕事(現役学生と卒業生にやってこられて途中終了)。放課後は多読イベント。いつもよりさらに参加者が少なく、来年度の継続について考えつつ、帰宅。原稿としばしにらみあい。

 

1月19日(火)

多読授業0.5コマ、年長組(ここも多読)0.5コマ、文法0.5コマ。授業後は図書の整理、授業の準備、年末に実施した外部試験のデータの取りまとめなど。帰宅後しばし脱力。原稿とのにらみあいは少しだけ。

 

 

 

切羽詰まっていようとなんだろうが、授業がある期間はどうがんばっても研究関係のことに時間がとりにくくなります。「桃源郷なんてないのだから」と呪文のように唱えつつ降ってきたものをこなしてはいるけれど、バランスの悪さに気が滅入りそう。なんとかしたい。