読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年度末まで

気がつけば年も明け、年度末も終わろうとしています。年度末の終わりが近いということは新年度が目前というわけで、「準備がまったくできていない…」とガクブルしながら過ごしております。学位取得という言い訳が使えなくなってこき使われるようになるとは思っていたけれど、平成28年度は年度末までとにかくあわただしかった…。

 

 

1月

4日(水)実家から帰還

5日(木)仕事始め

6日(金)授業再開

7日(土)〜8日(日)研修でティーチング・ポートフォリオなるものの作成に挑む

11日(水)〜13日(金)沖縄出張。勤務先の将来について考えるなど。

21日(土)年に一度の重要なおつとめ(前編)

28日(土)〜30日(月)仙台出張。英語教育に関するシンポでお勉強。

 

2月

(3日〜10日が期末試験で、作問・採点やらなんやらでアタフタ)

4日(土)東京出張。CLILについてお勉強。

9日(木)地元の審議会にておつとめ

12日(日)〜15日(水)シンガポール出張。運営に関わっている国際会議についてのミーティングなど。

17日(金)授業終了。話をしておかねばならない学生数名と面談ののち、大阪へ。夜は元ボスと会談(主に愚痴を聞いてもらう)。

18日(土)多読のセミナーに参加。

19日(日)年に一度の重要なおつとめ(後編)

25日(土)研究会。ラファエロ前派とJホラーについて学ぶ。懇親会(二次会)にて己の非モテぶりに軽くぶちのめされるなど。

28日(火)~3月1日(水)研修でID(インストラクショナル・デザイン)ということについて学ぶ。

 

3月

2日(木)進級判定会議

3日(金)海外からの来客とのミーティングに代理で参加

4日(土)〜5日(日)東京出張。土曜は教養教育について学び、日曜の帰り道に「ものはためし」とTOEICのS/Wを受験。日程があったから…という理由だけで受けるようなものではないと思いつつ、帰宅。

6日(月)休日だったけれど、興味のあるテーマであったので出勤して研修(しかし期待はずれ)

7日(火)午前中に出前授業

9日(木)卒業判定会議。定年を迎える先生をかこむ宴会。

10日(金)午後から出前授業

11日(土)カラーセラピストでもある非常勤の職員さんと会食。セッションをうける。

12日(日)「新形式も体験しておかないと…」とTOEIC L/Rを受験。夜は前夜祭としいう名の宴会

13日(月)前夜にお祭りをした皆さんをむかえての研修。自分のところの学生などもまじえ、勤務先の将来について語るなど。

15日(水)〜16日(木)名古屋出張。英語での授業に関連したこととして、グループワークやICT活用についてお勉強。

17日(金)卒業式

 

 

1月から3月までも旅がらすの日々でありました(3月の旅がらす生活はまだまだ続くのだけれども)。旅に出ることで離れられる煩わしさもあるけれど、仕事量がおかしなことになる・体力が奪われる等々、学校を離れることで出てくる問題もあります。わらわらと湧いてくる問題に頭を抱えつつ、日々を過ごしています。こんなバタバタした生活がこの先も続いていくのか(下手をしたら、もっとバタバタするようになるのか)と思って暗くなったりもするけれど、それをなんとかやり過ごし、生きのびてやろうと思います。