台湾その5

新学期の開始とともに台湾でチャージしてきたエネルギーはすっからかんになってしまっております。エネルギー切れでよれよれですが、最終日までの思い出をまとめておきます。

 

台中2日目は日月潭周辺を見物(ガイドさんによると、日月潭は昔の熱海的な場所だそうな)。

f:id:heppoko-t:20170430125144j:plain

 

宿に戻ってひと休みをした後、台中の夜市へ。ここでついに臭豆腐に挑戦(いがいといけた)。

 

翌日は再び移動で、大学訪問。ホテル周辺には何もなかったため、ホテルのレストランで夕食。

 

翌日は新幹線で台北へ。その足で、初日とは別な大学を訪問。夕方からは九份へ。

f:id:heppoko-t:20170430125637j:plain

f:id:heppoko-t:20170430125653j:plain

九份でたべたぜんざい的なもの)

 

ホテルに戻ってから、台北に赴任中の卒業生に来てもらって学生たちに話をしてもらう。

 

翌朝は帰宅に向けてパッキングをしてから、最後の散策。元祖といわれるお店でタピオカミルクティーを満喫したのち、占いとマッサージ。

f:id:heppoko-t:20170430125459j:plain

 

占いでは「仕事に生きろ」と言われてしまったり(台湾でも非モテ認定)。「アナタ、うさぎ年のヒトとも相性がいいです。ところでアナタ、誰と住んでるの?」「一人です。でも、うさぎもいます。」「うさぎを飼っているのは、とってもいいね!」というコントみたいなくだりもあったので、なかなかおもしろい体験でした。

 

以上、はじめての台湾の記録でした。