第3週目

シンガポール派遣も3週間が過ぎました。

派遣の目的であるところの国際会議関係のミーティングがある時にはそこに参加し、それ以外には派遣先の学校の行事に参加したり、日本の仕事(試験の作成やらメール対応やら)をこなしたりして過ごしています。日本からこちらのアラをつつくようなメールがきてイラっとすることもあるし(つつかれるようなアラを残して出てきた自分が悪いのだけれども)、うさぎたちのことが気がかりだし…ということを除けば、のんびりしています。こちらの皆さんが本当に親切にしてくださるので、生活も快適(日本でサンドバック状態になったりなんだりしたのが報われているということかしら…と思うようなレベル)。

 

コミュニケーションは英語なのでなんとかなっていますが、まだ苦戦中。会話が途中で中国語に切り替わってぼーっとしていたら英語に戻っていたという時や、中国語の調子で英語が話されたりした時にはうまく聞き取れなかったりしています。

 

食べ物も問題なく、ローカルな食べ物を満喫しています。たまに味噌汁を作ったりもしますが、日本食が恋しくてたまらなくなるということもありません。

 

食べ物といえば、この週末についにドリアンを食べました。在京時代に一度食べた時の印象が悪く、また、到着した日に学内で食べている人たちの臭いが耐え難かったこともあって食べられないと思ったのですが、食べてみたら、意外にも甘くてクリーミーで美味しいと感じておりました。「うまい」と言ってバクバク食べたら、ご馳走してくれた方も大変喜んでくれていました。ドリアン、言われているほど不味いものではないです。まあ、「なくても生きていける」(by同席していた先生) けれども。

 

f:id:heppoko-t:20170730222725j:image

f:id:heppoko-t:20170730222754j:image