へっぽこ講師のあれやこれや

頻繁にやる気が行方不明になる大学教員の雑記です。アカデミックな要素はかけらもありません。

朝活ふたたび

例によって自転車操業をして暮らしていたら、7月に突入していました。時が経つのは本当に早い。

 

ここ最近の変化のひとつとして朝活があります。5時半くらいに起き出し、本を読むということを続けています。きっかけは5月の学会、同年代の先生(子育てまっただ中)と登壇したワークショップの打ち合わせ中の雑談です。「仕事も家庭もあるなか、どうやって勉強の時間を工面しているんですか?」とプロデューサー役の先生に聞いたところ、かえってきた答えは「朝です、朝しかありません」というもの。本務校の激務、途切れることなく行われている研究活動、さらにはパパっぷりという回答者の姿に、これは真似をするしかないと思ったという次第です。もともと宵っ張りではないこともあり、今のところ順調に続いております。自分の歩みの遅さに落ち込んでしまったりすることもあるのだけれど、「根性と執念の力だけでここまで来たんじゃないか」と自分に言いきかせつつ、こつこつと活動を続けていきたいものです。

 

師匠をはじめお世話になった先生方はみな、「いつ寝てるんだ?(そもそも寝てるのか?)」と思わずにはいられないような仕事ぶり。皆さん、どういうリズムで生活されているんだろう。