新しい週が来た。

こんなことを思いながら、新しい週を迎えました。が、件の卒論指導はお流れに。いやはや…。

 

「どうせならもうちょっと早く連絡を…」と思いつつ、授業の準備。午後に英語1コマ。忘れていた紀要的なものの原稿と少しにらみ合い、帰宅。明日の授業後すぐに卒論指導(違う学生)を入れていたことを思い出し、原稿のチェック。

 

卒論指導の日々

前の投稿から2ヶ月以上も経ってしまいましたが、相変わらず自転車操業をしながら生きております。ゼロから講義内容を組み立てるということをするのは今年度までのはずなので、来年度はもう少しゆとりができるものと思いたい…。

 

12月ともなると卒論指導も佳境となって、原動機のついた自転車操業になる…はずなのですが、今年はそうでもありません。

去年は「○○までに××を」と指示を出せばその通りにやってもらえたため、そんなものだと思っていました。が、それはビギナーズラックというものだったのかもしれません。今年は提示したスケジュール通りに進んでいる学生はおらず、なだめすかしてみたりなんだりという状況。

学年の傾向と片付けてしまえば楽かもしれないけれど、そういうわけではないはず。まずは演習という名の授業(カリキュラムのうえでは卒論と直結しているわけではないけれども、基本的には履修者を指導することになる)のやり方を見直していこうかな…と考えています。

それから論文指導というと、自分が学生時代に言われてきたようなことを言うことになり、言いながら気恥ずかしくなったりもしています。「アンタも偉くなったもんねぇ」とあの世の師匠がニタァっと笑いながら言ってそう…などと思いつつ、面談をする日々なのでした。論文指導では自分のことは棚に上げて…というものなのだろうなとも思うけれど(希望的観測)、ちゃんとした人間になりたいものです。

 

今後の課題もあるけれど、まずは学生たちが論文を提出するまで、あとひと月は今年度の指導を頑張っていきましょう。

9月の出来事

9月3日(火)

大学院および学部の教授会。教授会開催日恒例の女子会。

 

9月7日(土)

日本ポー学会に行き、学魔を拝んでくる。入院生活で長く東京にいたのに、実は学魔の話を生で聴くのは今回が初めてのことでありました。そんなこともあり、「これがかの学魔かぁ」(語彙力…)と思いつつ、耳学問

 

9月8日(日)

日本メルヴィル学会で耳学問。現在高知新聞で「白鯨・Moby-Dick」を連載中の夢枕獏さんの講演会など。講演では、「これがヨジョですね」と言って紹介された像が思いのほか大きくて驚いたり、船乗りの生活空間(特に寝床)の話でフロアが盛り上がったり…と、普段の学会講演会にはない雰囲気になり、それもまた楽しうございました(語彙力…)。

 

9月9日(月)

帰宅途中で保護活動をされている専門店に行き、うさぎのお見合い。人間にはまったくモテないがうさぎにはよくモテるということを知りました。

 

f:id:heppoko-t:20190929083857j:image

 

そんなこんなで、新入りの後輩となったのはアリーちゃん(1歳の女の子)。実はうさぎも遺棄や多頭崩壊が起こっています。うさぎについても里親という選択肢がひろがっていく(最終的には遺棄などがなくなる)といいなと思います。おつきあいをしていく上でのポイントがある程度分かった状態で暮らせる(しかも慣れてくると、隠されていた面が浮上したりもするおまけ付き)ので、里親はよいものですよ。

 

9月11日(水)

卒論指導×1。

 

9月13日(金)

健康診断。じわじわと体重が増加していることを確認。

 

9月17日(月)

学部広報のなにかで写真を撮られる。ただ立っているだけのようなものでも、微妙にひねりを入れてポーズを取っているということを知る。「イーッ」という口の作り笑顔ではなく「自然」な笑顔というのも難しいとも思う。

午後からは課程に、家庭内ワーキンググループの会議。基本的には聞いているだけの立場なのだけれども、どちらも消耗する。学部や課程の会議のある日のお約束で、ふたたび女子会。

 

9月20日(金)

卒論指導×1。ぐるぐる考えて書き始めるところにいたっていなかったため、ハッパをかける(「アンタも偉くなったもんだわねぇ」と不敵な笑みを浮かべる師匠の顔がちらつきつつ)。

 

9月21日(土)

他プログラムの企画に便乗して人生初の本格登山。学会発表の準備はあるものの、声がかかった時にやらないとチャンスを逃してしまうよな…ということで参加。

 

f:id:heppoko-t:20190929085318j:image

f:id:heppoko-t:20190929085411j:image

登頂した時の達成感と爽快感は素晴らしいものでした(下りになると体力的にもきつく、足が付け根から取れるんじゃないかと思ったけど)。頂上まで登ったことで山と信仰の結びつきを垣間見ることができたのもまた良い経験となりました。元山岳部の兄のアドバイスで靴などを買い揃えてしまったことなので、ゆるめの山登りなら趣味にするのもいいなぁ…などと思ったり。

 

9月24日(月)

学部広報のなにかで高校生に学部の説明。

卒論指導×1。この日の学生も書き始めるにいたっていなかったため、ハッパをかけるなど。

 

9月26日(木)

助成金をもらっている関係で学内イベントに参加。研究課題についてごくごく短く説明をするなど。

 

 

出歩いたりなんだりした記録というのはこんなところ。あとは、ヨロヨロと来月頭の学会発表の準備を進めておりました。発表の方はどうなりますことやら…。