5月・6月

相変わらずの自転車操業生活をしているうちにもう6月も末となりました。2019年ももう半分が過ぎてしまったとは…。

 

4月28日(日)〜5月6日(日)

世間同様10連休になるという流れに乗っかってみようと考え、知人のつてでセブの英語学校を1週間コースで体験(連休感を味わいたくて、宿泊はホテルにしてもらう)。トランジットの地(おそらくはラウンジのソファと壁の間の隙間)でクレジットカードを落っことす、言われるままにカリキュラムを組んだら「リゾートでダラダラする」という計画を全く実行できないスケジュールになったり、iPhoneをすられたり…と、あての外れたことはありましたが愉快な時間を過ごしてきました。

 

5月11日(土)

先輩うさの体にしこりができていたため、病院へ。毛芽腫だろうとの診断。

 

 

5月14日(火)

4月から続けていた歯医者通いが終了。幸いなことに、何年もサボっていた歯石の除去とクリーニングのみで済む。

 

5月24日(金)〜26日(日)

学会参加のため広島へ。旧交をあたためたり、耳学問をしたり。

 

友人知人と話といえば…

というつぶやきをていたけれど、早起きはすっかり定着(最近では5時前に目が覚めてしまうことも!)。そんなこんなで、後輩のお言葉に従って朝に勉強をする生活をしております。

 

それから、学会の書展展示を見たりしてあらためて思うのは、作品講読などの専門科目のこと。

 

 

ヘミングウェイで学ぶ英文法』が好調という話だから、文学作品(原文)を読むという教材のニーズは一般にはあるということ。専門科目の教科書では難しいということなら、短編小説(原文)等の注釈つきアンソロジーという企画も、一般書(語学書)では成立するのではないかしら。多読系のCさんはじめ、他の出版社でも検討してくれないかなぁ…(出版社に企画を持ち込む術も力もないため、他力本願)。

 

 5月31日(金)

毛芽腫の除去手術の先輩うさを病院に連れていく予定…が、後輩うさの様子もおかしく、2人連れで動物病院へ。後輩うさことゆきちゃん、皮下点滴や服薬等の治療をしても回復が見られず闘病が続くことに…。

 

6月1日(土)

後輩うさのことで後ろ髪を引かれつつ、基礎ゼミの校外実習へ。

履修者が少ないのが幸いして予定よりも早く帰宅ができたので、手術を終えた先輩うさのお迎えと不調の続く後輩うさの診察のため、動物病院へ。

 

https://www.instagram.com/p/ByZrdIsgFzf/

 

6月4日(火)

初めての出前講義で、近隣の市の高校へ。課程の紹介と「文学研究」ってどんなことをするのかという話をしてきました。

 

6月7日(金)

先輩うさの抜糸と後輩うさの診察で動物病院へ。先輩うさのカラー生活もは終了。毛芽腫は良性とのことで安心。他方、後輩うさは劇的な回復が見られず、静脈点滴による集中治療が必要ということになり、入院。

 

6月10日(月)

後輩うさ、内科治療で回復が見られないため、手術を受けることに。

 

6月12日(水)

後輩うさの様態が急変。お医者さんのお話を聞き、保護主さん(後輩うさは里子)にも相談をしたうえ、家に連れて帰ることを選択。

 

6月13日(木)

授業をこなして速効で帰宅。帰宅を待っていたかのようにして後輩うさが息を引き取る。

 

6月14日(金)

後輩うさの火葬。

 

6月15日(土)

支部例会で発表。後輩うさの看病と重なったため、今回は当日の朝まで原稿を書くことになってしまった。そんなわけで、穴は開けずに済んだというていたらくに。

留守番中の先輩うさのことが気にかかるので、懇親も帰省もせずにまっすぐ帰宅。

 

6月18日(火)

教授会ののち、学部(互助会的なもの)のパーティ。ひとりで留守番の先輩うさのことがやっぱり気がかりで、二次会には出ずに帰宅。帰宅してお風呂に入っていたら、地震予告のアラームが鳴って慌てる。揺れはそれほど大きくはなく、事なきをえる。

 

6月28日(金)

偉い人とのランチ会なるものに参加(修行感がハンパなし)。

 

 

この2ヶ月は本当にいろいろなことがありました。自転車操業生活なこともありいつになるかは分からないけれど、うさぎの闘病と看取りについてはあらためて書ければ…と思っています。

4月第2週・第3週

4月15日(月)

月曜日の授業は第1回目。午後に英語が1コマ。授業ではオリエンテーションののち、多読をやってみてもらう。授業の前後はとにかく授業の準備。

 

4月16日(火)

火曜日の授業も第1回目。朝イチで英語を1コマ。内容は月曜と同じ。

午後は委員会その1と教授会。

 

4月17日(水)

高専時代から受けていた助成金の成果報告のおつとめがあり、日帰りで上京。

 

4月18日(木)

基礎ゼミ、演習その2、プログラムのオムニバス講義1回目。基礎ゼミは配置が決まっての初回なのでオリエンテーションのみ。演習ではテキストを使って短編を読むというスタイル。オムニバス講義では英米文学というのは案外身近なものなのだとか、文学研究ではどんなことをするのかとか、イギリス(系)の作家や作品にはこんなものがあるよといった話をする。3コマは疲れた…。

 

4月19日(金)

振替休日だったのだけれど、学生の面談を入れてしまっていたので自主出勤。卒論指導の学生面談(2人)、メール書き、授業準備。あと、出勤していたら委員会的なものがひとつ増えました。それから、歯医者。4〜5年分の歯石除去の第一弾(厚労省の指導で4段階に分けないという説明をされた)。歯周病につながるから歯石をつけないように気をつけてねと諭されたり。歯列矯正でお金をかけてもらっていることだし、歯は大事にしないとね。

 

4月20日(土)

支部会で外出。柴田元幸先生の講演(詳しいことはそのうち書きたい)。

 

4月21日(日)

盛岡で開かれた柴田先生のイベント三昧の1日。昼過ぎには翻訳教室に参加。夜は朗読会(こちらも詳しいことはそのうちに)。ただ、「朗読っていいわ!」ということは声を大にして書いておきたい。

 

 

4月22日(月)

午前中は委員会その2、午後は英語1コマ。合間はひたすら授業の準備。夜は同僚の先生のホームパーティに顔を出す。

 

4月23日(火)

朝1で英語1コマ。午後に課程の会議(なぜこのような展開になる???などと思いつつ)。前後に授業準備。新学期が始まったばかりなのに自転車操業で(週末に出歩いているツケなんでしょうが)、ヨレヨレ。

 

4月24日(水)

早起きして出勤前に授業準備。午前に講義1コマ、午後に演習その1、卒論の面談を1人。演習ではポーの作品を読むことにしたのだけれど、進行の仕方(はじめはゴリゴリの訳読にしようとしたが、それだと学生の心をバキバキに折ってしまうように思えてきて断念。結果、今日はほぼ喋り通し。演習科目の進め方はとにかく迷走中。

 

4月25日(木)

基礎ゼミ、演習その2、オムニバス講義。オムニバス講義の2回目ではアメリカの文学の話をする。オムニバス講義の担当はこれでおしまい。授業後は、昨年度に学内でもらっていた助成金の報告書書き。

 

4月26日(金)

今日は授業がない日。少しでもばたつかないですむように連休明けの授業の準備を少しする。また、歯医者。

 

新年度第1週

4月になり大学での教員生活も2年目を迎えました。裁量労働制には未だに慣れないし(前任時代の習性なのと、家にいる方がかえってだらけそうなのとで、基本的には定時出勤を続けている)、顔と名前が一致しない教職員はまだまだいるし…で、不慣れなことはまだまだありますが、今年も元気に1年を乗りきりたいところです。

 

ちなみに、今年度前期の授業担当は教養英語2コマ、専門3コマ、基礎ゼミの6コマに、専門導入科目のオムニバス1コマ(担当は2回)。校務は委員会的なものは3つに担任。研究関連で決まっている予定は文学系の口頭発表2つと英語多読のポスター発表1つ(予定は未定だけれど、どこかに論文を出すこと・単著の目処をつけることも目標です)。

 

以下、第1週目のつれづれ。

 

4月8日(月)

午前中に担任として課程のオリエンテーションに出席。昼は1年を無事に生き延びたこととお互いの科研費採択を祝し、同期の先生とランチ。その後は授業の準備。

 

4月9日(火)

初っ端にあたる講義科目の準備。履修登録が始まっていないため(開講日を変えたので前年度の履修者数は参考にならないため)に学生の人数が読めず、配布物の印刷枚数をどうしようかと途方にくれる。

 

4月10日(水)

授業開始。講義1コマ、演習1コマ(といっても、演習は授業の概要説明のみ)。

 

4月11日(木)

午後から演習1コマ(オリエンテーションのみ)、オムニバス講義のオリエンテーションと卒論執筆のガイダンス、大学院の授業(履修者があるといけないので待機していた)。卒論ガイダンスで指導学生と話していたら、1名が高校の後輩にあたることが判明。世の中は本当に狭い。そのうち、教え子の親が同級生なんてことも起こるかもしれない。

 

4月12日(金)

「研究日」になるのだけれども、研究ではなく事務仕事に授業の準備をして過ごす。放課後は担任として学部1年生の研修に参加。