新年度第1週

4月になり大学での教員生活も2年目を迎えました。裁量労働制には未だに慣れないし(前任時代の習性なのと、家にいる方がかえってだらけそうなのとで、基本的には定時出勤を続けている)、顔と名前が一致しない教職員はまだまだいるし…で、不慣れなことはまだまだありますが、今年も元気に1年を乗りきりたいところです。

 

ちなみに、今年度前期の授業担当は教養英語2コマ、専門3コマ、基礎ゼミの6コマに、専門導入科目のオムニバス1コマ(担当は2回)。校務は委員会的なものは3つに担任。研究関連で決まっている予定は文学系の口頭発表2つと英語多読のポスター発表1つ(予定は未定だけれど、どこかに論文を出すこと・単著の目処をつけることも目標です)。

 

以下、第1週目のつれづれ。

 

4月8日(月)

午前中に担任として課程のオリエンテーションに出席。昼は1年を無事に生き延びたこととお互いの科研費採択を祝し、同期の先生とランチ。その後は授業の準備。

 

4月9日(火)

初っ端にあたる講義科目の準備。履修登録が始まっていないため(開講日を変えたので前年度の履修者数は参考にならないため)に学生の人数が読めず、配布物の印刷枚数をどうしようかと途方にくれる。

 

4月10日(水)

授業開始。講義1コマ、演習1コマ(といっても、演習は授業の概要説明のみ)。

 

4月11日(木)

午後から演習1コマ(オリエンテーションのみ)、オムニバス講義のオリエンテーションと卒論執筆のガイダンス、大学院の授業(履修者があるといけないので待機していた)。卒論ガイダンスで指導学生と話していたら、1名が高校の後輩にあたることが判明。世の中は本当に狭い。そのうち、教え子の親が同級生なんてことも起こるかもしれない。

 

4月12日(金)

「研究日」になるのだけれども、研究ではなく事務仕事に授業の準備をして過ごす。放課後は担任として学部1年生の研修に参加。

読書会に行ってきて

先週末にThird-Wave Feminisimの読書会に参加してきました。こちらの読書会への参加もかなり久しぶり、ということは理論的なものを読むのもかなり久しぶり(ということは、口を開いても、いつもより余計に間抜けな発言しかでてこない)という体たらくなのに、あたたかく迎えていただきました。深謝(アホなことしか言えなくて、申し訳ない)。

 

異動をして出てきやすくなったのだから上京をしてくればいいか…と思う一方で、地元で読書会などができるといいのにな…とも思ったり。で、呟いた。

 

 

「文芸共和国の会」などの逆巻しとねさんの活躍を思えば、読書会や(学会的なものとはまた違った)研究会のニーズはどの地方にあるのではないかと思っている。ただ、言い出しっぺの自分が過度な負担を感じることなく続けるためには、運営にしろ、報告やコメントにしろ、諸々のことを分かち合ってくれる同志を見つけてから始めるのがいい気がしてもいる。そんなこんなで、実現がいつのことになるかは分からないけれど、他所の人たちにうらやましがられるくらいの企画を立ち上げられるようになりたいものです。

2月18日(月)〜21日(木)

2月18日(月)

とあるプロジェクトをめぐるメールのやりとりで一日が終わる。初っ端での引っかかりは無視するべきではないのだな…などと思う。

 

2月19日(火)

教授会とFD。教授会後のお約束の女子会(私にとっては中のことを学ぶ場である)。

 

2月20日(水)

成績処理をした後、教科関係のおつとめ。

 

2月21日(木)

研究がらみのイベントで小遠征。自分のポンコツぶりをあらためて自覚しつつ、ポスター発表。学会のような場であれこれよどみなくしゃべれる人になりたいものよ…と思いつつ、帰宅。落ち込みもしたけれど、ネタのヒントを得ることができたのでよしとしよう。

 

 

f:id:heppoko-t:20190221214754j:image

母ちゃんはいろいろと考えてしまうのよねぇ。