Iターンから(ほぼ)Uターン

気がつけば4月も3分の2も過ぎていました。

 

 

このようにさらっとつぶやいておりましたが、Iターンして9年半勤めた高専(=高等専門学校)から実家近県の大学へとほぼUターンをしました。異動をして環境が大きく変わったこともあり、いつもに増してアタフタとしています。

 

異動をしたのは、自分にとって馴染みのある街(故郷か、入院生活を送ってきた東京か)に戻りたいという思いが消えなかったこと、専門に関わることを教える立場になりたいという思いが強まったことがあります。ここ1〜2年は急激に忙しくなっていたわけですが、「変化」を嫌う人々の悪意にさらされてリセットをしたくなったというのも否定はできないかな(現状維持派の人たちが出す負の空気に心底うんざりしていたのです;そんな空気を吸わずにすんでいたシンガポール滞在時は本当によかった)。

 

学位を取ってから、「いつかはUターンを…」と思いながらjrec-inの公募情報を眺め、目ぼしい情報を見つけて書類作成に着手をしても「この程度の業績じゃ、無理して出したところで…」と諦めたりしておりました。が、今回の公募は、「実家近くで専門ができる」という理想のポストでした。応募書類の提出期限が香港出張と重なる(=ということは、出張に伴う授業変更も入ってバタバタしていた)ためにしんどかったのだけれど、「アプライをしなかったら絶対にひどく後悔する」と考えてダメ元で応募をしました。その後、年末に連絡を受け、年明けの連休時に面接をして採用が決まったという次第です。教授会で承認されたとの連絡を受けたところで、高専に辞意を伝えました。毎年誰かしらが転出していくものだからか(と、思いたい)、あっさりと受け入れられました。通常業務と並行で、異動先の手続きやら引越しやらをしなければならず、3月は本当にもうてんやわんや。高専については、やるべき業務優先で動いて研究室の撤収まで手が回らず、夜逃げ状態で出て行くことに…(撤収作業は仲の良い職員さんにお願いして、どうにかしてもらえました)。

 

夜逃げ状態で後にした研究室から送られてきた荷物の整理などがあるため、落ち着きなく過ごしています。落ち着いたところで見えてくるものもあることでしょう。とはいえ、どこに行っても「うーーーん」としょっぱい顔になってしまうことはあるはずなので、何かあった時には「桃源郷なんて、ない」と言い聞かせつつ、にこやかに、ほがらかに、やっていきたいと思います。

出張で息ぬき

12月2日(土)・3日(日) 

出勤も出張もない休日ということで、家でぐだぐだ。なんとなく掃除・選択をしたり、うさぎにちょっかいを出したり、ご飯を作ったり。

 

12月4日(月)

平常授業1コマと振替授業1コマ。

 

12月5日(火)

振替授業1コマ、通常授業0.5コマ。授業の合間と放課後は翌日以降の出張に備えてメールを書いたりなんだり。

夏休み中に投稿した論文の審査結果を受け取り、目先のことに追われてしまって疎かになっていた研究のことを思い出したり(ちゃんとしなくては…)。

 

12月6日(水)〜8日(金)

国際学会の運営会議で同僚と香港へ。人生初の香港で、シンガポール以上に高速のエスカレーターや動く歩道にビビる。私の中の香港はジャッキー・チェンの映画のイメージ(=ジャッキーが暴れまわれる程度のスペースがありながら、うす汚れた雑居ビルが密集しているという感じ)だったのだけれど、繁華街はかなり洗練されていました。会議ではシンガポールでお世話になった皆さんとも再会。美味しいものと懐かしい人との会話で、ちょっと息抜き。

 

f:id:heppoko-t:20171210143659j:image

 

12月9日(土)

移動の疲れを引きずったゾンビ状態でのそのそと起床。洗濯機をまわした後、友だちのカラーとアロマのセッションへ。

あれこれ話をすることで、最近の状況についてぼんやりと考えていたことに輪郭をつけることができた気に。とりあえず、物理的なものにしろ、そうでないものにしろ、身辺整理をすることを決意。

セッション後には研究室に行って、勤務校および学会の仕事(主にメール書き)をこなす。

区切りがついたところで帰宅し、うさぎにちょっかいを出しつつひと休み。その後、半年以上ぶりにネイルサロンへ。気持ちを盛り上げようという魂胆でありますが、はてさてキラキラした指先の効果はいかに?

平常営業の1週間

11月28日(火)

午前中には校務の定例ミーティング。昼食後に試験の採点。さらに50分授業を1コマ。放課後に外国人スタッフと面談(関係修復が目的)。その後は授業の準備。

 

11月29日(水)

90分授業3コマ。退散後、ジムへ。筋トレとトレッドミル。疲れがたまっているのか、トレッドミルでは思うように走れず、途中からウォーキング。

 

11月30日(木)

90分授業1コマ。授業後はひたすら採点。

 

12月1日(金)

90分授業1コマ、50分授業2コマ。放課後に別な外国人スタッフと面談(成果物についての報告を聞くのが目的)。その後、ふたたび採点へ。英文の難易度を変えていないはずなのに(予告をしたうえで、試験の形式は一部変えたけど)、なぜか屍の山が築かれるという結果に…。

 

 

平常営業で動いている間に、メールやら対面やらで仕事がまたふってきて頭を抱えています。どう考えてもオーバーワーク。まいった!