読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようやく…

我が家の風呂用給湯器は、パロマ製でした。しかも、事故を起こしていたのと同じ型。点検から一ヶ月以上を経てついに、交換をしてもらえました。 朝から工事が入ったので3時前には終わるだろうと踏んでいたのですが、水道屋さんに待ちぼうけをくらわされ、交換の完了は5時過ぎになったのでした。工事の人がいたらいたで落ち着かず、待ちぼうけは待ちぼうけで落ち着かず…という状態で、日中はネタ帳の仕込みをしておりました。気もそぞろだったので、思うように進まなかったけれど。 パロマ後
終了後は、こんな感じ。給湯器が外付けになったぶん、きもち広くなったのでした。