連休最終日に

パワポを使った下書きの下書きの作業に見切りをつけ、原稿書きにようやく着手(本番は2週間後)。しかし書き始めてみると、ちっとも複雑な展開にはなっていかず(←入院中はこの点についていつも教育的指導をされていた)、頭を抱えてしまう。頭を抱えているうちに逃避モードとなり、散髪に出かけてしまったり。まぁ、連休なのに例によってひきこもりというのは寂しすぎると思ったというのもあるのだけれど。


逃避モードに入るきっかけに、パソコンの不具合というのもありました。Leopard Snowにアップグレードをしてみたはいいが、ATOKやOfficeがさくさくと動かなくなったのだ(動きはするけれども、妙な文字化けをして日本語入力ができなくなったり)。環境設定を開いてはいちいち再起動をしたり、ことえり(←お馬鹿な変換をしてくれたり、ショートカットがちがっていたりで、ATOKになれてしまうと使いにくいことこのうえない)を使ったりすればなんとかなるものの、イライラはつのるばかり。思えば、Officeはmacのver.xで、ATOKは2006。どちらもOSに対してヴァージョンが古すぎるということなのか?ソフトは定期的にアップデードしていかないといけないものなのだろうかねぇ・・・。