エナジーがいるかも

先週頭(留学生担当関係の会合)と終わり(多読学会)とで東京出張があり、旅がらす月間の幕が上がりました。


旅がらす月間がはじまったとはいっても、まだ前期末試験期間中で、学校にもどればおつとめで本部待機をしたりしております。今回はいつになく体調不良をうったえる者があり、本部にいながら、「こんな劣悪な(=暑すぎる)環境で授業をすることはできません」と言って休講にしてくれた学部時代の先生は正しいよなぁ…なんてことを思う今日この頃であります。


ちなみに本日は、試験中(昼間で)は体調不良者の対応をしつつ本部待機、午後からは公開講座とやらで小中学生向けのイベント、採点という一日。たいした仕事というわけでもないし、研究もできていないし…というのに、気力体力は着実に奪われてヘロヘロです。もふもふの癒し力をもってしてもどうにもならないレベルになってます。


学位関係の進捗状況についての問い合わせがあって我に返って予定を見かえし、ありとあらゆることの停滞っぷりに青ざめ、昨年以上に寝てはいけない日々を過ごさなくてはならないのか…と思っているところです。リとかアで始まるドリンクよりも気力体力を補えるのであれば、近ごろはやりのエナジードリンクなるものに手を出さなくてはいけないかもしれません…。いやはや…。