ふくらむのは髪ばかり

起床後、やや朦朧としつつ翻訳。

身支度を調えて登校。授業×3に、放課後は多読イベント。合間には事務仕事をポツポツと。名ばかり委員長*1としてのお務めも始まりそうなもよう。

梅雨ということもあり近ごろヘアアイロンを投入したのだけれど、生来の不器用さもあいまって、使いこなせておりません。伸ばしたつもりの髪が、膨れること、膨れること。そんなわけで、鏡に映る爆発頭に軽く凹んでおります。

そんなところに、本日の年長組の授業はいつもにましてうまくいかず、かなり凹みました。改善には、授業の進め方や教材研究にもっと工夫がいるわけだけれども、それとともに私自身が気持ちにゆとりを持つことも必要なのかもしれません。鷹揚に構えていられないことが、空回りを生んでしまっている気がします。一年前のことを思えば今の自分は確実に恵まれているわけなのだから、そこのところを肝に銘じておかないとなぁ・・・。

*1:教員会議でのサンドバック役というのがホントのところ