甲斐はあるの?

今日はどうにか起きだしてアサカツ。授業×3(100分×1、50分×2)。昼休みと放課後にスピーチの指導を一人ずつ。放課後のスピーチ指導ののち、科研の書類書き。


カケンについては、「参加することに意義がある」という気持ちでスタートアップで出したものをベースにするはずが、全面書き換えの様相を呈してきております。いざ唸り出すと、どうにかしたくなるものなのでしょうか。


ある女子に「センセイの香水、好き!」と言われて日中小躍りしたのもつかのま、放課後には思春期を過ぎつつある男子に囲まれて「センセイ、体重何キロっすか?」と言われて、怒りに震えたり(Twitterでぼやき済み;しかしまぁ、痩せているわけではないし、夏休みに決意をしたのに運動も継続できていないので、ダイエットに取り組んだほうがきっといいのでしょう)。こんな男子ばかりのところでジョソウに励むことに疑問を感じてきました。なんだかなぁ・・・。