逃避の週末

不慣れな「校務」有り生活にアタフタして無駄な動きが多いからか、金曜の日程終了時点でかなりヨレヨレに(金曜放課後のイベントで留学生を含む学生の送迎をやったことがダメ押し。人を乗せて公道を走ることも、外国で会話をしながら運転をすることも初めてのことだったので、極度に緊張して疲労困憊したことは間違いないのです。留学生との会話は楽しかったけど)。で、週末は寝くさったりなんだりで、完全に現実逃避。某学会のお仕事や原稿書きも、するにはしたけれども。


「なんだり」の部分としては、土曜日には化粧品漁りに、日曜日には本屋の徘徊に出かけました。

化粧漁りというのは、DMにマッサージ券が付いていたこともあり、しばらく遠ざかっていたアルビオンのお店に行った次第。肌診断とフェイシャルを受けたのち、ファンデーションと乳液をお買い上げ。ここのところグワーーーーーッとストレスがかかったし、睡眠不足気味だし・・・で肌状態が良いわけがないとは思っていたのだけれども、「日焼け」という想定外の診断までされてしまったり。外に出るのは通勤時くらいのものなので、変な感じ。もしも日焼けをしているとしたら、"乳液・美容液・UV下地・ファンデーションの4役”をうたうファンデーション”を使用してUVケアが甘くなっていたことしか思いあたらない。肌についてはそれ相応の手入れをしないとだめなのかも。